ペレットストーブ


安全への取り組み

環境への取り組み

社会貢献活動
木質ペレット燃料を使用すると、燃やした時に排出する二酸化炭素は、原料となる木の
成長過程で吸収したものなので、大気中の二酸化炭素の増減に影響を与えません。

二酸化炭素排出量から見てもペレットは、石油の5分の1、電気の10分の1です。
原料は、チップ、製材端材、樹皮、間伐材、薪などを使用しています。

当社は火力が強く灰が少ないホワイトペレットという樹皮を含まない木質部を主体とした
原料を使用して、現場事務所にペレットストーブを設置してCO2の削減に取り組んでします。